【これが欲しかった】近未来ギータ―コードアプリ‼

guitar

この記事は約2分16秒で読むことができます。

ARを使った新次元の「ギターコードアプリ」がTwitterで公開され話題を呼んでいます。

ARを使ったアプリはどのようなもので実際に使えるのか検証していきたいと思います!

スポンサーリンク

ARってなに?

ARとは拡張現実とも呼ばれています。

拡張現実は仮想現実(バーチャル・リアリティ = VR)の変種であり、その時周囲を取り巻く現実環境に情報を付加・削除・強調・減衰させ、文字通り人間から見た現実世界を拡張するものを指す[1]

引用:Wikipedia

最近のAR機能を使ったアプリで有名なものは、「ポケモンGO」です。

ポケモンGOはスマホの中でポケモンと背景が重なり合い、まるで「目の前の現実世界にポケモンが現れた」かのように楽しめるアプリです。

その技術を応用してMatthew Hallberg氏が今回の「ギターコード勉強アプリ」なるものを開発しました。

Matthew Hallberg氏とは?

Matthew Hallberg氏

Matthew Hallberg氏は、主にゲーム実況などのYouTube活動をしているYouTuberのようです。

動画内ではポケモンGOやマインクラフトなど色々なゲームの実況をしているので、よかったら是非ご覧ください!

話題の「ギターコードアプリ」

それでは早速見ていきましょう!!


AR機能を使ったアプリによって、コードが宙に浮かび上がります。まさにこんなアプリが欲しかった!!

押さえたコードは3Dで宙に浮かびあがり、出てきたコードを正しく押さえられると次のコードに進める仕組みです。

正しいコードの位置に合わせて映像が出現するので、映像を参考にしながらコードを覚えることが可能です。

 

このアプリ名はTwitterのコメントで「guitAR」と呼ばれています、実にセンスがいいですね笑

※guitar+AR=略して「guitAR」

最後に

ギターコードアプリ「guitAR」いかがでしたか?

これからギターを始める人も今勉強中の人も、ギターコードアプリ「guitAR」があればもっとスムーズに演奏できるようになりますね♪

現在(2018年8月27日)はまだアプリの配信が始まっていないと思うので、これからの配信に期待していきましょう!!

おわりっ!