え!?にんじん??【にんじんリコーダーの作り方】

にんじんリコーダー

この記事は約2分13秒で読むことができます。

誰でも1度は吹いたことがある「リコーダー」。

そのリコーダーをにんじんで作っちゃおう!ってバカな考え面白い事を考えた人がいるので紹介していきます!

もしその場ににんじんがある人は一緒に挑戦してみましょう!!

※今回は「DaveHax」の動画を参考に紹介していきます。

スポンサーリンク

用意するもの

  • にんじん 長さ20㎝程度のもの
  • 包丁 ※使う時は十分に注意して下さいね
  • にんじんの中身をくり抜けそうな物 ※なければドライバーでもOK

にんじんリコーダー

まずはニンジンを1本用意してください。(だいたい長さ20cmくらい)

にんじん

次にニンジンの先端を3~5センチ程度カットします。にんじんのカットした部分は後で使うので取っておいてください!(ケガには十分に気を付けよう)

にんじんカット

カットしたらドライバーなど身近なもので約4分の3程度くり抜きます。オススメは100円均一の「りんごの芯抜き」という商品です♪

にんじんくりぬき

この動画ではドリルでくり抜いていますね・・・すぐにくり抜けるのでなんだか気持ちがいいですね笑

にんじんドリル

くり抜いた後は中を水で綺麗に洗ってください!洗った後は先端から2~3cmの部分に切り込みを入れます。

にんじん切り込み

切り込みを入れるときは半分までにしてくださいね!全部切っちゃうとどんどん短くなってしまうよ。。

ニンジン切込み2

次に切り込みを入れた部分から2~3cmほど離れた部分をカットして、リコーダーのこの部分を作っていきます。

リコーダーのコレにんじん切り込み3にんじん切り込み4

うまくできましたか?もし失敗したら今日のお味噌汁にでも入れてあげましょう!!笑

次に先ほど取っておいた先端を切り抜いた穴に入れる為に、下の画像のようにサイズを合わせてカットします。

さっきの先端
ここ大事なので要注意‼

カットしたニンジンの先端の皮を包丁でカット(ニンジンの皮をむく感じ)して、穴にピッタリフィットする大きさにしたら穴に入れます。

(うまくやらないと音が出ないよー!) 切って入れる

ピッタリはまるようになったら、2ミリ程度下の図のようにカットしてまた穴に入れます。

小さくカット入れた後

この時点で吹けば音が出ますが、吹きやすくする為に口元の下部分をカットします。

吹きやすいように下をカット

こんな感じです♪

下切った後

そして最後にリコーダーでは欠かせない、指穴です!

指穴は音を奏でるための大切なものなので、下の図をみて距離間をみながら穴をあけてください!

穴はこのくらい

ニンジンリコーダー完成!!

完成したので早速吹いてみましょう!!

どうですか?自分で作ったリコーダーは普段より良い音色に聞こえますよね♪

にんじんリコーダーは長持ちしないので、演奏が終わったら捨てるのはもったいないのでおかずにでもしてくださいね

それでは良いにんじんライフをお過ごしください♪

おわりっ!!

▼参考にした動画はこちら▼