【サックスの指使いで演奏!?】50種類の音色を奏でる Aerophone GOをいち早く紹介

この記事は約4分44秒で読むことができます。

2016年10月に発売された、「Aerophonre」(エアロフォン)は場所や時間を選ばず気軽に演奏できるデジタル管楽器として話題になりましたが、その後継機「Aerophone GO」(エアロフォン・ゴー)が2018年7月28日に発売になりました!

なんとコンセプトはそのままに、本体のコンパクト化と低価格化を図った最新型で、なんと50種類の音色を奏でることが出来るそうです!

そんな「Aerophone GO」(エアロフォン・ゴー)をいち早く紹介します!必見です!

 

スポンサーリンク

「Aerophone GO」って何?

参照:Roland公式

Roland公式から引用させていただきます。

場所や時間を選ばず気軽に演奏できるデジタル管楽器Aerophone。その魅力を、コンパクトなボディに凝縮したAerophone GO[AE-05]。初めてでも、簡単な指づかいで、すぐに演奏を楽しむことができます。

ジャズ、クラシック、ポップス、ロック、様々な音楽ジャンルで演奏される憧れの管楽器。たとえば、サックスはあらゆる世代の人たちが、一度は演奏してみたいと思う楽器のひとつですが、気軽に挑戦するには、演奏する場所や時間に制限があり、ハードルが高いのも事実です。Aerophone GOは、そんな悩みを解消。ヘッドホン端子を備え、電池駆動でも使用できるので、家族が集まるリビングでも夜間でも周囲に気兼ねなく、リコーダー感覚の手軽さで演奏を楽しめます。本体には4種類のサックスをはじめ、フルート、クラリネット、ミュート・トランペットやバイオリンの管弦楽器、シンセ音からパーカッション・サウンドまで11種類の音色を内蔵。専用アプリを使うと、さらに多彩な50音色を使って演奏できます。スマートフォンに保存された曲に合わせて演奏することもできるので、さまざまなジャンルの曲に挑戦できます。また、7台まで同時にAerophone GOをワイヤレス接続してアンサンブル演奏ができるアプリもご用意。仲間と一緒に音楽を奏でる楽しみも広がります。軽量でコンパクトなボディ、シンプルな操作で扱いやすく、誰にとっても身近な管楽器です。

Roland公式より引用

Rolandってどんな会社?

参照:Roland公式

皆さんご存知だとは思いますが、Wikipediaから引用させて頂きます。

主に、シンセサイザー、デジタルピアノ、電子オルガン、電子ドラム、ギターアンプや半導体の製品を開発・製造・販売する。ヤマハやカワイとともに、日本を代表する楽器メーカーである。

初期には、電気楽器(エレキギター、エレキベース)の演奏時に音色を加工する機器「エフェクター」や演奏用スピーカーアンプ(ジャズ・コーラスJCシリーズ JC-120など)、音響ミキサーの製造を行っている。1973年(昭和48年)からはシンセサイザーやエレクトロニックピアノなどの製造も手がけるようになった。1970年代後半には、富士弦楽器(現・フジゲン)との合弁で「富士ローランド」を設立し、ギターシンセサイザーの製造を開始した。

Wikipediaより引用

RolandにはAerophone 以外にもピアノやドラムなど素晴らしい製品が沢山あります。

参照:Roland公式

参照:Roland公式

どのくらいコンパクトになったの?

Aerophone AE-10(2016)
幅:128mm 奥行:93mm 高さ:574mm 重量(電池含む):855g
参照:Roland公式
Aerophone GO(2018)
幅:128mm 奥行:78mm 高さ:454mm 重量(電池含む):695g
参照:Roland公式
なんとAerophone GOはAE-10と比べると、160gも軽いんです!
サックスプレイヤーならわかるとおもいますが、160g軽くなると練習ではかなり楽になりますよね。
この軽量化は新型になって一番嬉しい点だと思います!

この1台で50種類の音色を奏でる事が出来る!?

参照:Roland公式

Aerophone GO はソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4種類のサックスを含む11種類の音色を搭載していて、管楽器1台でクラリネットやバイオリンも演奏出来ます。

また生音を録音して作成されている音源ですので管楽器を演奏している雰囲気を味わうことが出来ます!

そしてAerophone GOの新機能。Aerophone GO Plusという専用アプリを使えばトロンボーン、オーボエ、リコーダーなどの管楽器、チェロ、コントラバスなどの弦楽器と様々な音楽ジャンルに対応する50種類の音色を内蔵しています。お気に入りのレパートリーで音色を変えて演奏するだけで、いつもと違う楽しさが味わえます。

そしてBluetooth®機能も新たに装備しているので、様々なデバイスと無線接続可能になりました!

Bluetooth®機能を使って今持っているデバイスと接続すればお気に入りの音楽と一緒に演奏したり、更に専用アプリを使えば幅は一気に広がりますね♪

この機会に1度見かけたら手にとってみてはいかがでしょうか?

価格や購入方法は?

参照:Roland公式

価格(税込)は¥53,460です。 実際はもう少し安く買えるかもしれません。

このクオリティーでこのお値段だとコスパは良いものだと思います♪

そこそこの楽器屋さんなら実物もあって試奏もできるかもしれません。

もし楽器屋さんが近くにない場合でもネット通販でも買えますよ!

Aerophone GOはどんな音?

実物を見ていない方はどんな音が出るのか気になると思います。

公式サイトに紹介動画が載っていたのでご覧ください!

次の動画はみんなでアンサンブルをして楽しんでいます。フルート、ミュート・トランペット、バリトン・サックスの3つの音色で演奏しています。

まとめ

  • Aerophone GOは多彩な音色を奏でられる為、いつもとは全く違った楽しさがある!
  • コンパクトで持ち運び便利♪
  • 場所や時間を気にせずに楽しめる!
  • Bluetooth®に対応していて、専用アプリもあるのが魅力的!
  • とりあえず買ってみよう!!

▼楽天での購入はこちら▼

【送料無料】ローランド Aerophone GO (エアロフォン・ゴー)